/

JXの水素ステーション1号店が海老名で開所

日経テクノロジーオンライン

JX日鉱日石エネルギーは2014年12月25日、神奈川県海老名市に同社として初めての商用水素ステーションを開所した。水素販売価格は1000円/kg(税別)。水素販売価格は、現在の燃料電池自動車(FCV)と同クラスのハイブリッド車に必要なガソリン代と同等の水準に設定したとする。

サービスステーション一体型の水素ステーションとして開所した「Dr. Drive海老名中央店」では、圧縮水素を水素トレーラーなどで輸送するオフサイト方式を採用。圧縮機、蓄圧器(カーボンファイバー複合容器)、冷凍機、充填機などの水素供給設備を備える。FCV1台に充填できる水素量を最大50Nm3(ニュートン立方メートル)とした場合、1時間当たり5~6台に充填できるという。充填圧力は70MPaで充填時間は約3分間。

同社は、次世代自動車振興センターの「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、23カ所の商用水素ステーション設置を計画している。2014年度内に東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知の1都4県に合計11カ所(単独型水素ステーションを含む)の水素ステーションを順次開所していく。

(日経テクノロジーオンライン 赤坂麻実)

[日経テクノロジーオンライン 2014年12月25日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン