美走・快走・楽走

フォローする

こんな走り方はNG ケガを防ぐフォームのツボ
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/3ページ)
2014/12/26 7:00
共有
印刷
その他

ランニングを始めたのに故障でトレーニングを続けられなくなった、レースを走って脚を痛めてしまい練習再開までブランクが長引くはめになった――。市民ランナーがケガをしてしまう主な原因は、正しくないフォームで走り続けることです。悪いフォームの典型といえる「腰が落ちた状態」と「猫背で骨盤が後傾した状態」について、動画を交えて解説し改善策を伝授します。

着地時のねじれ、膝にストレス

腰が落ちた走り方というと、皆さんはどんなフォームを思い浮かべるでしょうか。腰の位置を常に低くして走るということではありません。ですので、背伸びをするような感覚で腰を高い位置に保って走ろうとするのは間違いです。

走っていて着地する瞬間に地面から受ける衝撃を、骨盤回りのお尻の筋肉が支え切ることができないと、腰が低い位置に沈んでしまいます。このとき骨盤が外側方向に逃げ、膝は内側に落ちて、つま先は外側へ向いてしまうことが多いのです。外―内―外のねじれが一歩一歩で起きることになります。

このねじれによって大腿骨の付け根から膝にかけての脚の外側にストレスが掛かり、故障を引き起こします。膝の外側が痛くなる症状、ランナー膝ともいわれる腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)が代表的なものです。

骨盤回りのお尻の筋肉が着地の瞬間に機能していれば、地面から受ける衝撃をたるむことなく受け止めて、前方への推進力に生かすことができます。空気がつまったボールが弾むようなイメージ。着地のたびに腰が落ちてねじれが起きることはありません。

お尻の筋肉しっかり強化

腰が落ちたフォームになるのを防ぐには、この筋肉を強化することです。効果的なエクササイズの一つが「後ろ足スイング」。壁に両手をついて体を真っすぐに立てた姿勢で、お尻の筋肉を使いながら一方の脚を後方にスイングして戻す動きを繰り返します。膝を曲げないように気を付けてゆっくりとしたテンポで、左右それぞれ10回ずつを目安に試してみてください。このほか連載で紹介した「レッグランジ」(2013/3/14公開)などもいいでしょう。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

共有
印刷
その他

ランニングのコラム


電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
東京マラソンで都庁前を一斉にスタートするエリート選手たち(左)。一般ランナーも参加した昨年(右)から大幅に減少した(代表撮影)=共同共同

 3月1日午前9時10分、東京マラソンのスタート。都庁前に整列するランナーの塊は、例年とは大きく異なり、とてもコンパクトなものでした。天気は快晴で、昨年大会の冷たい雨とはまるで対照的。トップランナーと …続き (3/11)

腕の付け根から出たエネルギーがしっかりと指先に伝わるような動かし方をしよう

 2020年、オリンピックイヤーの幕開けです。この節目にいま一度、無理のない美しいフォームの体得を目指してみてください。日ごろ私は効率の良い走り方のポイントを骨盤、肩甲骨、姿勢の3要素と捉え、それぞれ …続き (1/5)

強風など厳しい天候のときは心拍数を基準に運動強度をコントロールする方法もある

 目標の大会を控えた方が多い季節です。ランナーにはきちょうめんで、メニューを予定通りにこなしたい方がとても多いという印象を受けます。予定を変えざるをえない状況に出くわした際、強いストレスを抱えてしまい …続き (2019/11/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]