/

グーグル自動運転車両、第3世代開発中 5年以内に市場へ

ITpro

米Google(グーグル)は自動運転車両の実用化に向けてパートナーを探していると、米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。同社は自動運転車両を5年以内に市場に投入したい考えだという。

自動運転車両開発プロジェクトのChris Urmsonディレクターは、現地時間2014年12月19日に行われたインタビューで、「我々は自動車メーカーになろうと思っているのではなく、交渉を通じて、パートナーを探している」と述べた。

同氏は、2014年春に公開したプロトタイプを「さらに3世代に進化させた、より高度な『beta one』の試作で自動車部品供給メーカーと協力している」ことも明らかにした。2015年の早い時期に道路走行テストを開始したいとしている。

Googleはいずれ自動運転車両を大量生産するために自動車メーカーや部品供給サプライヤーと提携することが正しい方針だと判断しているが、「ビジネスモデルについては依然検討中」(Urmson氏)だという。

英ロイターは、Googleが自動車に直接搭載するAndroid(アンドロイド)の開発を進めていると報じている。現在GoogleはAndroid端末を接続して車載システムと連動させる「Android Auto」の開発に取り組んでいるが、新たな自動車向けプラットフォームはスマートフォン(スマホ)をつなぐ必要がないという。

[ITpro 2014年12月22日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン