2019年9月18日(水)

広島土砂災害で活躍 車のビッグデータが人を救う

(1/2ページ)
2014/12/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

自動車の通行情報をビッグデータとして災害時に役立てる取り組みが本格化している。仕掛けているのは、渡辺浩之トヨタ自動車顧問が会長を務めるNPO法人のITSジャパン(東京・港)。大規模災害時にカーナビゲーションシステムのメーカーなどが持つ車両通行情報を集約し、通行状況をインターネットで配信するサービスを始めた。災害時に救援物資を届けたり、避難を円滑に行ったりするのに役立つと期待されている。

■トヨタやパイオニアなど8社の情報を集約

ITSジャパンが配信する通行実績情報の画面。乗用車が通れた所は線で、トラックが通れた所は点で表示される。

ITSジャパンが配信する通行実績情報の画面。乗用車が通れた所は線で、トラックが通れた所は点で表示される。

「行けたとしても、戻ってこられない危険もあった。マップでリアルタイムの通行情報が得られて本当に助かった」――。東京都調布市の自営業、亀井陽一さん(63)は、2011年3月に東日本大震災が起きた時、福島県南相馬市に住む義父母を車で迎えに行き、その日のうちに東京に避難させることができた。役に立ったのは、ネット経由で偶然発見したというITSジャパンの通行実績マップだ。通行できない道路を避け、目的地にたどり着いた。

ITSジャパンは、自動車メーカーや関連産業など約240の会社・団体からなる。円滑な交通システムの促進などを目的に前身のVERTISが1994年に設立され、01年に名称変更した。ITSジャパンが集めるのは、個人の乗用車や業務用のタクシー、トラックなどに取り付けられたカーナビから送られてくるリアルタイムの通行状況だ。トヨタ自動車やホンダなどの自動車メーカー、パイオニアなどのカーナビメーカーの会員企業8社から情報提供を受けている。1台ずつの個別情報は蓄積しない。個人が特定できないように匿名化し、地図にプロットする。

集約した情報をもとに、通行が可能な道路とそうではない道路を識別し、一目で分かるように表示する。地図製作に当たっては米グーグルの「グーグルマップ」を活用している。国道や県道など道路の種別に関係なく一元的に情報提供できるのが特徴だ。乗用車とトラックの区別も付くようにしている。被災者の避難だけではなく、救護車両や救援物資を積んだトラックが円滑に被災地にたどり着けるように企業や自治体の利用を見込む。

マップを配信するのは、原則として震度6弱(東京都23区内は震度5強)以上の地震が発生した時だ。内閣府に非常災害対策本部が設置された風水害や火山活動も含まれる。

情報提供範囲は、80キロメートル四方を1ブロックとして、任意でITSジャパンが決める。発生から12時間以内を目標に情報の配信を始め、3時間ごとに更新する。配信期間は1週間だが、災害が収まっていない場合は延長する。

実は、東日本大震災の時は正式なサービスの開始前だった。緊急事態であることを理由に各社に情報提供を呼びかけ、亀井さんのように実際に活用されるところまでこぎ着けた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。