選挙の翌年が危ない 2015年の倒産動向を読む
帝国データバンク 情報部員報告会

(1/4ページ)
2014/12/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2014年の倒産件数は8年ぶりに1万件を下回る公算となった。輸出を中心にアベノミクス効果を享受する企業が増えた一方で、消費税増税や円安がマイナスに作用する業種では企業の破綻が増加した。また流通の構造や消費者の嗜好の変化について行けなかった企業の破綻も目立った。帝国データバンクで倒産取材を専門にする情報部員が、この1年を振り返り、来年の展望を話し合った。

■倒産件数減少でも減らない予備軍

藤森徹部長

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]