2018年9月20日(木)

今年はロボット普及元年 IoTにつながる未来 (三淵啓自)

(1/2ページ)
2014/12/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

 2014年を振り返ると、ロボットや人工知能(AI)などが社会に浸透し始めた年だった。米アマゾン・ドット・コムが無人飛行ロボット「ドローン」を使った商品搬送を打ち出すと、グーグルはドローン配達プロジェクト「プロジェクト・ウイング」を公表。独DHLは限られた地域ながら薬品などの緊急医療品などを搬送を始めた。

ネスカフェはコーヒーマシン売り場の接客用にペッパーを導入

ネスカフェはコーヒーマシン売り場の接客用にペッパーを導入

 国内では6月、ソフトバンクが人工知能を搭載した人型ロボット「ペッパー」を発表した。15年2月から19万8千円で一般販売する予定だ。

 ペッパーは個人の顔や表情を認識し、クラウドと連動して人の感情を理解して人をサポートできるロボットを目指している。ネスレは15年末までに、コーヒーマシンを販売している1千店にペッパーを導入すると決定。既に都内の量販店などでは可動実験が始まった。顧客のニーズに合わせて商品を説明するという。

 11月にはソフトバンクがペッパー用に認知症予防のアプリを開発したと発表。クイズで症状の有無を簡易診断したり、質問や会話を通じて予防したりする。主に介護施設への導入を見込む。ペッパーの開発ツールやシミュレーションも一般提供が始まった。ある程度の工学知識があればアプリやサービスを開発できるため、今後の多様な社会ニーズの解決策となる可能性がある。

 海外では既に防犯用ロボや接客用ロボが実用化されている。米シリコンバレーではナイトスコープが開発した防犯ロボット「K5」が警備中だ。犯人逮捕はできないがビデオ撮影や警報などで犯罪抑止力として役に立っているという。米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドは8月、カリフォルニア州クパチーノの自社系列ホテルにロボット執事「ボットラー」を導入した。顧客の簡単な要望に応じて部屋まで自動で物を運ぶため従業員の負担軽減になっている。

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報