ふつうの国が生んだEU大統領 欧州総局編集委員 大林 尚

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2014/12/22 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)の意思決定機関である首脳会議の議長、いわゆるEU大統領に今月、ポーランド前首相のドナルド・トゥスク(57)が就いた。

ポーランドをはじめとする中東欧の国々がまとまってEUに入ったのが2004年。それからちょうど10年がたった節目に、東ヨーロッパの国が初めて大統領ポストを獲得した。

■信条は「小さな政府」

建設労働にたずさわったことがあるトゥスクは、ベルリンの壁が崩れる前からソ連支配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]