サムスン、ゴーグル型の「仮想現実」端末を米国で発売

2014/12/9付
保存
共有
印刷
その他

韓国Samsung Electronics(サムスン電子)の米国子会社Samsung Telecommunications Americaは現地時間2014年12月8日、仮想現実(VR)ヘッドマウントディスプレー「Gear VR Innovator Edition」を米国で発売した。希望小売価格は199ドル。Samsungと米AT&Tのオンラインストアで販売する。

サムスンが米国で発売した「Gear VR Innovator Edition」

Gear VR Innovator Editionは、米Facebookが約20億ドルで買収したVR技術の米Oculus VRと共同開発した。9月にGear VR Innovator Editionと同時に発表した大画面スマートフォンの新モデル「Galaxy Note 4」を前面に組み込んで使用する。

当初は購入者に対し、サンプルゲームや実験的コンテンツ、3D対応360度ビデオなどを提供する。Oculusプラットフォームを通じてダウンロードできる。

ゲーム関連サイト「GameSpot」によると、同デバイスは一般販売するものの、"Innovator Edition"の名前が示すように開発者や早期導入者を主な対象としており、まだ大衆市場に向けたものではないという。Oculusモバイル責任者のMax Cohen氏は、「これは世界的製品になるが、焦らず少しばかり慎重に展開を進める」と述べている。

[ITpro 2014年12月9日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]