2019年1月21日(月)

米朝・マツコ…人間型ロボット、ここまで人くさく
接客や介護に応用

(1/3ページ)
2014/12/9付
保存
共有
印刷
その他

 「人間らしさ」とは何か。この課題に挑むロボット技術開発が広がっている。表情やしぐさの1つまで人間らしいロボットが登場。人間の「常識」を理解したり空気を読んだりするコンピューターの研究も進んでいる。目的は人間とコンピューターの自然な共存。力仕事や危険な仕事の担い手だけでなく、人間の友人やパートナーになることを目指す。進化するロボット開発の最前線を追う。

■「米朝ロボ」に表情・しぐさ

「しゃべりが上手になるコツ?そんなもん、ワシが聞きたいわ」「まずは、ええ師匠を見つけることやな。それと、落語を聞きなはれ(笑)」

11月初旬、大阪・ミナミにある高島屋大阪店。店頭で客を出迎えたのは人間国宝の落語家・桂米朝――ではなく、米朝をモデルにしたアンドロイド(人間型ロボット)だ。同店で11月に開催した大阪物産展に展示した。

「米朝アンドロイド」が話すのは、人生相談、落語の歴史、米朝自身の人生の3種類。客がタッチパネルで質問を選ぶと、対応した内容を話す。話すときにはちゃんと相手と目を合わせ、手ぶりを交える。「本当に米朝さんがいるみたい」。客の女性は、こう感想を漏らした。

「ミナミちゃん」は高島屋の販売員としても人気だ

「ミナミちゃん」は高島屋の販売員としても人気だ

「目的は人間を理解すること。より人間らしく改良して、人間の存在は永遠になれるのかという課題に挑戦したい」。こう語るのは、米朝アンドロイドを開発した大阪大学の石黒浩教授だ。石黒教授は自分そっくりのアンドロイドを開発するなど、アンドロイド研究の第一人者として知られる。実在の女性をモデルにした「ミナミちゃん」も石黒教授の作。ミナミちゃんは高島屋大阪店で店員として「勤務」した経験の持ち主。昨年10月には、1枚1万円ほどのカシミヤセーターを30枚ほど売った実績を持つ。

石黒教授がロボットの人間らしさにこだわるのは、対話や接客、介護といった人間とのコミュニケーションという役割を担わせようとしているからだ。人間にそっくりな外見を持ち、笑ったり眉をひそめたりと表情を変える。こんなアンドロイドの実現を目指す。

「人間にとって理想的なインターフェースは人間だ」(石黒教授)。例えば商業施設の案内役を、人間が務めるのとタッチパネル式の自動応答システムとでは、どちらが利用者に安心感を与えるか。例えコンピューターであっても、人間と見まがう外観と振る舞いをすれば人間側も自然にコンピューターとつきあえるはず、というわけだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

人間に近づくマシン

進む「ロボット」の活用

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報