続く知事選の余波 辺野古反対派、再び共闘 (熱戦)

2014/12/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

11月16日投開票の県知事選から3週間近くたつ。沖縄では米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を掲げた翁長雄志が、3選を目指した仲井真弘多に圧勝した影響がなお残る。

■県内すべてで擁立

「仲里さんが命をかけて今日まで走り続けた結果、私が新知事になった」。2日朝、沖縄本島南部の南風原町の交差点。沖縄4区に無所属で出馬した仲里利信の出発式に翁長の姿があった。

仲里は対立候補の自民、西銘恒…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]