/

年末商戦の売れ筋家電 逆境ソニー「4K」で輝く

個人消費の行方が注目される中、冬のボーナス商戦は――。日本経済新聞社は11月下旬、有力家電量販店6社を対象に、売れ筋家電の予測調査を実施した。「4Kテレビ」はいち早く市場開拓に動いたソニーが強い。同社はエレクトロニクス事業の構造改革が課題となっているが、全ての量販店が同社製の4Kを売れ筋の1番に挙げた。スマートフォン(スマホ)、タブレット(多機能携帯端末)では米アップルが圧倒的な支持を集めている。

ソニーのブラビア/KD-49X8500Bなどの4Kテレビが並ぶ売り場(東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店)

4Kテレビ:値ごろな40型台続々

家電量販店が2014年の年末商戦の目玉として位置づける「4Kテレビ」。先行したソニーに続き、パナソニックやシャープ、東芝など主要メーカーが品ぞろえを充実し、売り場での販売競争が熱を帯びてきた。50型未満の機種が増え、価格にも値ごろ感が出たこともあり、商戦は一段と盛り上がりそうだ。

売れ筋予測で最も期待を集めたのはソニーだ。「ブラビア/KD-49X8500B(49型)」が1番、「ブラビア/KD-55X9200B(55型)」が2番人気だった。上位の商品はいずれも春夏商戦向け。「テレビの本質である画質と音の性能強化に集中した」(テレビ子会社のソニービジュアルプロダクツの今村昌志社長)という原点回帰の戦略が奏功した。

量販店からは「50型未満の機種が増え、消費者の関心が高まった」「ハイビジョン液晶テレビとの価格差が10万円を切る機種もあり、すすめやすくなった」との声が上がった。実際、ソニーのKD-49X8500Bは、6月中旬の発売当初の店頭価格が32万円前後だったが、足元では20万円を切るケースもある。

上位にはパナソニックの「ビエラ/TH-58AX800F」と東芝の「レグザ 50Z10X」も入った。東芝は液晶のバックライトに全面直下型の発光ダイオード(LED)を採用した。

タブレット:iPad新型に期待

タブレットは米アップルの「iPad(アイパッド)」シリーズの人気が健在だった。中でも10月に発売した「iPad Air(エア)2」(税別5万3800円から)は家電量販6社のうち4社が最も期待できる製品に選んだ。

厚さ6.1ミリメートル、重量437グラムと、前モデルより18%薄く、6%軽くなった。夏商戦の調査ではiPadを1番の売れ筋に推す声はなかったが、新製品投入で量販店の期待も高まっている。

米グーグルのブランド「ネクサス」を最も売れる商品と予想する声もある。台湾の華碩電脳(エイスース)と共同開発した「ネクサス7」は13年モデル。Wi-Fiモデルは実勢2万円前後で「コストパフォーマンスが高い」と評価された。タブレットの用途は動画視聴やゲームなどスマホとの使い分けが進む中、手軽さを求める層には価格が重要な選択材料になっている。

台湾の宏達国際電子(HTC)と共同開発した「ネクサス9」は8.9型の最新機種だ。

iPad Air2の売り場(東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店)

掃除機:海外勢、手軽さが売り

年末商戦は掃除機が動く時期だけに、各量販店も力が入る。その中でも、スティック型やロボット型など、海外勢を中心に特徴のある商品が人気だ。共働きや高齢化を反映し、手軽に掃除できる点が受けているようだ。

来店客の予算は各社とも2万~3万円としているが、「ニーズさえ合致すれば7万円台まで引き上がる」との声もある。

ダイソンDC74MHが並ぶ掃除機の売り場(東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店)

スティック型では英ダイソンが10月に発売した「DC74MH」が支持を集めた。店頭想定価格で7万4800円(税別)の高額商品だが、2社が1番の売れ筋に挙げた。ロボット掃除機では、米アイロボットの最高機種「ルンバ880」も根強い人気を誇る。

海外勢の存在感が高まる中、東芝が同9月から発売した「トルネオロボ」を最も売れる商品と予測する声もあった。充電台にごみを移してためておくダストボックスをつけ、ごみ捨ての手間を1カ月に1回程度にした。

パナソニックの紙パック式掃除機「MC-PK15A」は本体重量2.7キログラムで持ち運びやすい。

スマホ:iPhone6支持集中、エクスペリアが追う

米アップルの「iPhone6」を推す声が圧倒的だ。驚くほどの新機能はないと評されるが、画面サイズが4.7型と一回り大きくなり、動画鑑賞やゲームがしやすくなった。

「6」の人気にはおよばないものの、5.5型画面を備えた「iPhone6プラス」がそれに続いた。スマホとタブレット(多機能携帯端末)の中間サイズで、ワイシャツの胸ポケットには入らないが、かばんに入れることが多い女性からは一定の支持を集めている。見やすさからシニアの注目度も高いという。

国産メーカーではソニーモバイルコミュニケーションズの「エクスペリアZ3」が売れ筋だ。2070万画素の高解像度カメラやハイレゾ音源再生など機能面が充実している。ソフトバンクモバイルが取り扱いを始め、携帯大手3社全てで利用できるようになった。

仮想移動体通信事業者(MVNO)の低価格なサービスを利用できるSIMフリー端末では、台湾の華碩電脳(エイスース)の「ZenFone5」が注目された。高速通信サービス「LTE」に対応しながら2万8944円(税込み、直販価格)からと低価格だ。

ヘッドホン・イヤホン:ハイレゾ、高級品弾み

スマホで音楽を楽しむ層が広がり、ヘッドホン・イヤホンの音質にこだわる消費者が増えている。「ハイレゾリューション」(ハイレゾ)と呼ばれる高音質音源の広がりも後押ししている。

ソニーMDR-1Aが並ぶヘッドホンの売り場(東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店)

最も販売店の支持を集めたのは、ソニーが10月下旬に発売した「MDR-1A」だ。市場想定価格は2万7750円前後と高価格帯に入る。ハイレゾ対応で、人の耳に聞こえる範囲を大きく超える100キロヘルツの高音域まで再生が可能だ。

オーディオテクニカのイヤホン「ATH-CKS77X」(希望小売価格は税別8500円)は本体に「空気室」を設け、「キレのある重低音」(同社)を重視した。JVCケンウッドの「HA-FX850」は本体や振動板に木製部材を使っているのが特徴で、楽器のような豊かな響きを売り物にする。

ヘッドホンなどはデザインが大胆になり「若者はファッションの一部として身に着ける傾向もある」との指摘もある。音質へのこだわりからか「30~40代は高価格帯の購入率が高い」という。

デジカメ:本命不在の状態

デジタルカメラは量販店が期待する製品も回答が割れ、本命不在の状態だ。それでも、スマホでは難しい高倍率光学ズームなどは注目された。

コンパクトでは2万円台といった手ごろな価格ながら光学30倍ズームを備えた、キヤノン「パワーショットSX700HS」が「基本性能と値段のバランスがよい」と支持された。ソニー「サイバーショットWX350」も光学20倍ズームだ。

一眼レフはキヤノンとニコンの入門機が人気だが、「ボーナス商戦は高単価商品が売れる」との見方から、キヤノンのハイアマチュア向け機種「EOS7D MARK2」を推す量販店もあった。ミラーレス一眼はオリンパスの「PEN-Lite E-PL7」の高精細のタッチパネルなどが注目された。

ノートPC:安定のスタンダード機

パソコンで最も期待度が高かったのがNECパーソナルコンピュータの「ラビィS LS150」だった。15.6型のスタンダード機だ。過去からシリーズとして安定した人気を維持している機種で、実勢価格は8万円前後だ。

次点はNECPCの「ラビィS LS350」、3番手は富士通の「ライフブックAH53」で、いずれも入門機種として支持を集めた。

ただ、パソコン販売全体は落ち込みが目立つ。4月に米マイクロソフトが基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポートを終了し、3月をピークに特需が起きた反動だ。家電量販各社は販売台数は20~30%減の水準としている。

[日経産業新聞2014年12月5日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン