/

この記事は会員限定です

ケーズHD、大量出店の勝算は「郊外&シニア層」

[有料会員限定]

ケーズホールディングスが売上高1兆円に向けた成長戦略を打ち出した。2015年3月期を含む5年間に240店以上を出店し、19年3月期に連結売上高1兆円(今期予想は6700億円)を目指す。前期までの5年間平均に比べ4割増というハイペースだ。茨城県を本拠地とする同社だが、首都圏や関西を含めて空白地が多く、出店余地は大きいと判断した。インターネット通販との競合もあり、中長期的に家電量販店のパイ拡大は見込み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン