2018年11月14日(水)

政権選択なき衆院選、各党各様の「勝敗ライン」
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2014/12/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政権選択なき衆院選が始まる。野党が政権交代の受け皿を示せず、有権者から見れば、実質的に第2次安倍晋三内閣への信任投票とならざるを得ない。各党がそれぞれ独自の「勝敗ライン」を描く分かりにくい戦い。より巨視的には、自民党優位の「1強多弱」の長期化か、野党再編が進んで二大政党制の再起動に向かうかの岐路となる選挙だ。

■郵政解散の再現描く首相と小泉氏の違和感

慶大教授の竹中平蔵 「安倍さんは小泉首相の20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報