/

この記事は会員限定です

韓国・現代自動車を悩ませる「労働貴族」

[有料会員限定]

強硬姿勢から「世界最強」の呼び声もある韓国・現代自動車労組。減益基調の今年もストライキを打って賃上げを勝ち取ったが、さらに賃金問題で法廷闘争を続けている。高給なのに賃上げを要求し続ける姿勢が「労働貴族」批判を呼ぶ。労使問題は経営の足かせとなり、「日本車キラー」としての競争力に影を落としている。

「高給取り」の賃金闘争に冷ややかな市民

「裁判所は正義に基づいた判断をせよ!」――。11月5日朝、ソウル中央地裁前。現代自労組(金属労働組合現代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4208文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン