/

トヨタが自動ブレーキ新システム、全車搭載へ

日経Automotive_Technology

トヨタ自動車は2014年11月26日、自動ブレーキを含む新しい安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」を開発したと発表した。2015年に日米欧で導入を開始し、2017年末までにOEM(相手先ブランドによる生産)車や共同開発車を除く、すべての乗用車に搭載する計画である。

新たなシステムには、小型車向けの「Toyota Safety Sense C」と、中型車・高級車向けの「Toyota Safety Sense P」の2種類がある(図1)。Bセグメントまでの車両が対象になる前者のシステムは、レーザーレーダーと単眼カメラを一体化したセンサーユニットをフロントウインドーの室内側に取り付け、(1)衝突回避支援ブレーキ、(2)車線逸脱警告「LDA」、(3)自動ハイビーム「AHB」──という三つの機能を提供する。

図1 「Toyota Safety Sense」の構成

このうち、衝突回避支援ブレーキの検知対象は車両であり、自動ブレーキの作動速度領域は約10k~80km/h、速度低減量は約30km/hである。例えば、停止している前方の車両に対して30km/h以下で走行する場合、自動ブレーキによって衝突を回避できる(図2)。

[左]図2 小型車向けシステムに搭載した衝突回避支援ブレーキ [右]図3 歩行者も検知できる衝突回避支援ブレーキ

二つめのLDAは、単眼カメラによって走行車線を認識し、車線逸脱の可能性があると運転者に警報を出すシステム。最後のAHBは、対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを単眼カメラで検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

一方、Cセグメント以上の車両が対象になる中型車・高級車向けのシステムは、フロントエンブレムの裏に組み込んだ77GHz帯のミリ波レーダーと、フロントウインドーの室内側に取り付けた単眼カメラで構成する。小型車向けシステムの三つの機能に加えて、(1)歩行者を検知できる衝突回避支援ブレーキ、(2)先行車追従──という二つの機能を搭載する。

歩行者も検知できる衝突回避支援ブレーキの作動速度領域は車両の場合が約10km/h以上、歩行者の場合が約10k~80km/h、同ブレーキの速度低減量は車両の場合が約40km/h、歩行者の場合が約30km/hである(図3)。

先行車追従では車間距離の検知にミリ波レーダーを使い、先行車の速度に合わせて自車の速度を調整する。また、先行車の車線変更をミリ波レーダーと単眼カメラで検知することで、スムーズな加減速制御も実現できる。

(日経Automotive Technology 高田隆)

[日経テクノロジーオンライン 2014年11月26日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン