/

この記事は会員限定です

バブルに沸く「格安スマホ」、流行語で終わらないためには

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

モバイル業界における今年最大のヒット商品といえば「格安スマートフォン(スマホ)」だろう。口火を切ったイオンスマホが累計で4万台以上を販売し、格安スマホ全体の契約数は9月末までに100万台を突破。10月末に参入を発表した楽天モバイルが「3年程度で1千万台の販売を狙う」(三木谷浩史社長)など、さらなる市場の拡大が期待されている。だが、今後も成長を続けていくためには、最大のセールスポイントであった「格安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン