/

この記事は会員限定です

東証、株取引時間拡大見送り「機が熟していない」

斉藤CEOらが会見

[有料会員限定]

日本取引所グループは25日、傘下の東京証券取引所で検討していた現物株の取引時間拡大を見送ると発表した。斉藤惇最高経営責任者(CEO)は同日の記者会見で「できる限りの努力をしたが、機が熟していないと判断せざるを得なかった。個人としては残念だ」と述べた。東証の清田瞭社長は「時代の要請があれば準備するが、当面は検討を打ち切る」と述べた。主なやり取りは以下の通り。

――取引時間の拡大を見送る理由は。

斉藤CEO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン