/

旬のフルーツ「ザクロ」、新たに老化を防ぐ作用

日経ヘルス
秋から冬にかけて、店頭で米国産の大きくて真っ赤なザクロを見かける。ザクロにはビタミンCやポリフェノール、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれており、美容にいいと古来、女性に愛されてきたが、新たに老化に関わる「糖化」を防ぐ作用があることも分かってきた。
体内で余ったブドウ糖は、たんぱく質に結合し、反応を繰り返して、最終的にAGEsとして組織に蓄積される

糖化とは、糖がたんぱく質やアミノ酸と結合すること。例えば糖尿病の指標であるHbA1cは、血中で糖と結合した「糖化ヘモグロビンたんぱく」を指す。糖化が進み、組織内に糖化最終生成物(AGEs)と呼ばれる物質が蓄積すると、皮膚や血管の弾力が低下したり、肌がくすむ。臓器障害につながることもある。そのため、糖化を防ぐ成分の探求が進められている。

そうしたなか、ザクロエキスに糖化によるAGEsの蓄積を防ぐ働きがあることが分かってきた。食品の機能性成分に詳しい岡山県立大学の伊東秀之教授は、「その働きはAGEs生成を抑制する医薬品成分よりも強い。さらに非常に低濃度でも効果を発揮する点も興味深い」と語る。

ザクロに期待できる効果
・肌、血管の老化抑制
・糖尿病のリスク低減
・血圧の低下 
・骨と関節の健康維持など

同志社大学大学院生命医科学研究科の糖化ストレス研究センターが、閉経後女性10人を対象に行った試験では、糖分を除いたザクロ抽出物を1日100ミリグラム、12週間とり続けることで皮膚でのAGEs蓄積量が変化せず、血中HbA1c値の低下が見られたという(図1)。

図1 [左]閉経後女性に糖分を除いたザクロ抽出物を1日100ミリグラム、12週間のみ続けてもらったところ、血中HbA1c値の低下が見られた。(データ:Glycative Stress Research;1(3),60-67,2014) [右]ザクロポリフェノールの蛍光性AGEs生成抑制作用を調べたところ、3量体(3つ結合)のユカールパニンT1、4量体のポメグラニンAの活性が高かった。(データ:Food Chemistry;152,323-330,2014から改変)
秋から冬にかけて店頭で見かけることが増える大きなザクロ(写真提供:米国ざくろ協会)

ザクロには、ポリフェノールの一種、エラジタンニンやエラグ酸という成分が多く含まれており、これまではエラグ酸の機能性が注目されてきた。だが、「糖化にはエラジタンニンが効いていると考えられる」と伊東教授。

エラジタンニンには複数結合(重合)したものがあり、その重合度が大きいほど活性が高いと期待される。「研究により、ザクロにはエラジタンニンが2つ以上重合したものが存在し、重合度が3つ、4つと大きくなるほど、抗糖化活性が高かった」と伊東教授は話す。

ザクロには、抗酸化作用、抗炎症作用に関する研究報告も多い。1年以上ザクロジュースをのみ続けていると、LDLの酸化が抑えられ、血圧の低下や動脈硬化の抑制、心疾患リスクの低下といった効果も。また、閉経による骨粗しょう症のリスクを低減させ、変形性関節炎の炎症を抑えるという報告もある。

秋はザクロの季節。アンチエイジングを目指すなら、ザクロもぜひお試しを。

取り出した種衣は冷蔵庫で3~4日、冷凍すれば数カ月は保存できる。皮をむかなければ室温で数週間持つ(イラスト:平拓哉)

この人に聞きました

伊東秀之さん
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科教授。岡山大学大学院薬学研究科修士課程修了。食品メーカー研究員などを経て、2013年より現職。ポリフェノールなど、食品素材に含まれる機能性成分の構造研究、生体利用性などの探求が専門。

(ライター 堀田恵美)

[日経ヘルス2014年12月号の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン