/

この記事は会員限定です

株式市場が期待する議席数 「与党が勝ちすぎない」

証券部 荻野卓也

[有料会員限定]

21日の日経平均株価は56円高の1万7357円と小幅ながら続伸した。午前中は利益確定売りで一時200円近く下落したが、午後に入ると地合いが好転した。午前の下げで日銀が上場投資信託(ETF)を買うとの期待が高まったうえ、衆院解散・総選挙が正式に決まったのを機に株価指数先物買いが膨らんだためだ。今回の総選挙では与党が勝っても議席数を減らすのはほぼ確実で、政権の求心力低下の不安が高まってもおかしくない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン