/

この記事は会員限定です

迫る1ドル=120円、日本売りの虚実

編集委員 大塚節雄

[有料会員限定]

円安が加速している。20日の東京外国為替市場では一時、1ドル=119円台寸前まで円安・ドル高が進行した。この勢いなら、円相場はすぐに120円台を視野に入れた動きになってもおかしくはない。ついこの間の8月下旬まで102~103円近辺でうろうろしていたことを考えると、円安の激しさに改めて驚く。

円安に弾みをつけたのは、10月末の日銀による追加的な金融緩和策と、一連の解散総選挙に向けた動きのなかで火がつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン