2019年9月17日(火)

高倉健さん映画、何が好き?(クイックVote)
第202回

2014/11/22 6:00
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の有料・無料読者の皆さんを対象とした週1回の意識調査を実施しています。第202回は、亡くなられた俳優の高倉健さんについて皆さんのご意見をうかがいます。

読者ネットアンケート

(1)高倉健さんが出演した映画で最も好きな作品は

(2)高倉健さんが演じたような孤独の影をまとった寡黙で愚直な男は好きですか

(3)どれくらいの頻度で映画館で映画を見ますか

(4)安倍内閣を支持しますか、しませんか

受付は終了しました

高倉健さんは11月10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去しました。83歳でした。

高倉さんの事務所によると、次回作の準備中に体調不良で入院し、治療を続けていましたが、容体が急変したそうです。

1955年に東映入社、翌年「電光空手打ち」でデビューしました。「網走番外地」などの任侠映画シリーズでクールなやくざ役を演じ、同社のトップ俳優になりました。

寡黙なヒーロー役としての評価は年を重ねてさらに磨かれ、76年の東映退社後も「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」などで好演。テレビコマーシャルでの「不器用ですから」のせりふも有名になりました。

99年の「鉄道員(ぽっぽや)」でモントリオール世界映画祭主演男優賞を受賞しました。最後の作品は2012年の「あなたへ」でした。

高倉健さんが演じた、孤独の影をまとった寡黙で愚直な男。巨人の元監督の長嶋茂雄さんは「ファンの多くは映画の中の高倉さんを見て、日本人の男としてあるべき姿を学んだのではないでしょうか」としています。

最近は映画を見ない人の割合が増えているという民間調査会社のデータもあります。日本映画製作者連盟によると、映画館の入場者数は2013年に1億5588万人でした。この10年を見ると2010年が1億7435万人で最も多く、2011年は東日本大震災の影響からか1億4472万人と少なかったです。

電子版読者の皆さんはどれくらいの頻度で映画館で映画を見ているでしょうか。

今回は25日(火)までを調査期間とし、26日(水)に結果と解説を掲載します。毎回実施している内閣支持率調査にもご協力ください。アンケートには日経電子版のパソコン画面からログインして回答してください。ログインすると回答画面があらわれます。電子版の携帯向けサービスからは回答いただけません。

保存
共有
印刷
その他

高倉健のダイレクトメッセージ

映画「あなたへ」撮影日誌 現場にみる男の作法




関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。