仙谷氏の含み残す「引退劇」 民主内になお待望論

2014/11/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首相、安倍晋三が21日の衆院解散を言明し、与野党が一気に選挙準備に走り出した。12月14日の投開票は野党にとって予想外に早く、候補者擁立の遅れを取り戻そうと懸命だ。そんな作業を横目に、民主党政権時代に官房長官などを歴任した実力者、仙谷由人は1つの決断をした。

「今度の選挙は、将来性のある若い人に頑張ってもらいたい」。18日夜、徳島市内のホテル。仙谷は安倍の解散表明のほぼ2時間後に記者会見に臨み、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]