2018年11月13日(火)

政権選択なき衆院選、ゲームを壊した与野党の罪
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2014/11/19 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衆院選は何のためにあるのか。それは有権者が政権を選ぶためだ。定数1の小選挙区主体の選挙は、二大勢力による政権争いを促す。有権者が選んだ多数派から首相が指名され、内閣を組織する。良くも悪くも、これが統治権力をつくり出す今のゲームのルールだ。なのに、大義うんぬん以前に、自公連立以外の政権の選択肢が示されない解散。その罪は与野党双方にある。

■過半数の候補者立てぬ最大野党

候補者名で投票する全国295の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報