2019年9月22日(日)

ニューヨーク市、公衆電話網を高速Wi-Fi網に

2014/11/19付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

米ニューヨーク州ニューヨーク市は現地時間2014年11月17日、市内の公衆電話ネットワークを市営Wi-Fiネットワーク(無線LAN)に置き換える「LinkNYC」計画を発表した。

古い電話ボックスの代わりに「Link」と呼ぶキオスクを設置する。電話ボックスより小さい設置面積で済むので、歩行者の邪魔にならず、景観にもやさしいとしている。24時間無料でインターネットにアクセス可能。通信速度は、平均的な公共Wi-Fiより100倍以上速い、最大1Gビット/秒を目指す。

Linkでは、米国内の無料通話が行えるほか、備え付けのAndroid(アンドロイド)タブレット端末から公共サービスにアクセスできる。911(緊急電話番号)や311(苦情センター)へのすばやい通報、携帯電話の無料充電も可能。側面のデジタルディスプレーに公共サービスの告知や広告を表示し、広告収入によってコストをまかなう。

技術企業などで構成されるコンソーシアム「CityBridge」が提案募集(RFP)プロセスを通じてLinkNYC開発契約を獲得した。CityBridgeには米Qualcomm、米Comark、米Control Group、米Titanなどが参加している。

ニューヨーク市の営業許可審査委員会(FCRC)の承認を得たのち、2015年に着工する予定。同年末までに最初のサービスを開始したいとしている。同市5区に最大1万台のLinkを設置する。

なおLinkのデザインは、工業デザイナーの宇田川信学氏とSigi Moeslinger氏が共同設立したデザイン事務所Antenna Designが担当した。

[ITpro 2014年11月18日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。