/

この記事は会員限定です

生産の脱・中国依存 OKI、国内移管で不具合3分の1

[有料会員限定]
日経ものづくり

OKIデータ(東京・港)は、これまで中国工場で手掛けていたプリンター生産の一部を福島事業所に移管し、生産性と品質を向上させた(図1)。2014年10月3日に同事業所を公開した際に明らかにした。

生産を移管した機種はA3判モノクロプリンター「COREFIDO B801」「同B841dn」。2014年4月の移管直後は生産性が中国の55%と低かったが、5月に追い付き、その後10ポイント程度上回る状態が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン