四球は「フォアボール」にあらず 野球用語の不思議

(3/3ページ)
2014/11/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

言い方の違いくらいならまだしも、勝手な解釈が浸透すると、間違った野球用語が一人歩きしてしまう。例えば現在でも「暴投」の使い方は現役、OB問わず、間違えている人が少なくない。

ゴロを処理した三塁手が一塁に「暴投」した、とプロ野球界の一部の人間が使っているが、これは誤用である。「暴投」は「wild pitch」(ワイルドピッチ)で、投手が打者に対して投じた球にしか使わない。要するに「投球」でしか「暴投」は起こりえない。

間違った用語、アマや少年野球へ伝染

前述の三塁手の一塁への送球は暴投ではなく、正しくは「悪送球」=「throwing error」(スローイングエラー)である。送りバントを処理した投手が二塁に投げ、それがそれた場合の正しい言い方も「悪送球」である。

現役のプレーヤーが間違うのは致し方ない場合もあるが、プロ野球の「解説」者が間違えてしまえば、アマチュアの人達まで間違ってしまう。プロ野球界の誤訳や間違った野球用語の使い方が少年野球へ伝染して、誤解が積み重なっている。

18U(18歳以下)や21Uといった国際試合やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)といった試合が増えたこともあり、日本は国際標準に合わせ、カウントをボール球から表記・表示するようになった。その昔「1-3」(ワンストライク―スリーボール)だったのを「3-1」(スリーボール―ワンストライク)と。

私はいまだに言いづらくて仕方がないのだが、こうした表面的な部分で「国際標準に合わせた」と胸を張っていても、もっと根本的なところでずれていたら国際化など絵に描いた餅になる。

「日本人右打者で最多」はナンセンス

今シーズン、193安打で大ブレークしたヤクルト・山田哲人の記録は「日本人の右打者で最多安打」と各紙が誇張気味に報道した。彼の偉業は称賛したいが、はたしていつからシーズン最多安打は日本人と外国人を別枠とする記録になったのだろう。ならば「日本人の右打者の最多本塁打王」とか「外国人の左投手の最多勝利賞」とか、言い出すのだろうか。

国際化というならこうしたくくりはナンセンスだ。右や左、日本人や外国人と分けることなどもっての外である。そういうことをしっかり踏まえて、野球界の本当の国際化が進むことを願ってやまない。

(野球評論家)

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]