/

ダイヤモンドの人間学(広澤克実) 四球は「フォアボール」にあらず 野球用語の不思議

ソフトバンク対阪神の日本シリーズが守備妨害というあっけないかたちで幕を閉じた。一部のマスコミや、その終わり方に納得のいかない人たちから「誤審ではないか」「ビデオ判定を取り入れろ」という声が上がった。

タイガースを熱狂的に応援するファンの心理はわからなくもないが、プロOBの解説者までそういう主張をしたのには驚いた。それがタイガースファンに対する迎合なのか、本当にそう思っているのかは分からないが、本気で主張しているのなら「野球解説」という立場からはほど遠く、ただ審判への不信感を助長するだけだ。

明らかな守備妨害だった西岡の走塁

解説者がこんな主張をしてしまえば、結果的にファンに残るのは「モヤモヤ感」しかない。ルールへの無理解は野球の品位を落とすだけではなく、野球離れに拍車をかけてしまう。

日本シリーズ第5戦。阪神は0-1の九回表、1死満塁とした。打者は西岡剛。カウント3-1からの球を引っ張った打球は一ゴロとなり、一塁→捕手→一塁のホームゲッツーの形となった。

捕手から再び一塁に転送された球が打者走者の西岡に当たってボールがファウルグラウンドを転々とした。その間に、二塁走者が返り、一瞬同点かと思われたが、西岡がダイヤモンドの内側を走っていたとして、守備妨害と判定された。

この判定はルールをきちんと適用したもので、私の見る限り明らかな守備妨害である。スロー再生や次の日の新聞の写真をみると一塁ベース手前のところで、西岡の右足が本塁と一塁間のラインを踏んでいる。このことからも西岡の体がダイヤモンドの内側にあったことがうかがえるわけだが、実はここで問題なのは、足がラインを踏んだか否かではない。

解説者までビデオ判定要求には驚き

正しく解説すると、この場合、たとえ本塁から一塁までのスリーフィートラインの中に足があっても身体の一部がインフィールドに入り、相手の守備を妨害した場面は守備妨害のルールが適用される。したがって、西岡の足がどこを踏んでいたかが問題ではなく、西岡の身体がインフィールドにあったのかどうか、が問題なのである。

審判団も重大局面で守備妨害の判定を下すには「明々白々」の事実がなければ、とても宣告できるものではない。しかし西岡の身体は明白にインフィールドに入っており、正確なジャッジが下されたとみるべきであろう。前代未聞の幕切れとなり、阪神側も抗議したわけだが、覆る余地は最初からなかった。

ファンではなく、解説者までがビデオ判定を促したのにはやはり驚かざるを得ない。あのプレーはルールを正確に理解している人ならば10人中10人が守備妨害と判断するプレーであった。

日本シリーズという大舞台、しかもその勝者を決するという場面で守備妨害を宣告するには相当の勇気がいるわけで、毅然とジャッジを下した東利夫審判に敬意を表したい。

ルール理解せず、誤審という側に問題

そもそも、今回のプレーは野球の基本中の基本ともいうべき話なのである。我々プロ野球関係者が走塁を教えるときは必ずといっていいくらい、最初に「打ったあとはこのスリーフィートラインのなかを走りましょう」と指導しているのだ。今オフも各地でプロ野球選手が野球教室を行うだろうが、そこでもこの指導はされるだろう。つまり、このレベルのミスを西岡は犯してしまったということなのである。それを「誤審だ」「ビデオ判定だ」とクレームをつけることは恥ずべき行為なのである。

西岡のミスを責めるつもりは毛頭ない。プロとはいっても人間はミスを犯す動物である。勝利に執念を燃やすあまり無意識のうちに「魔がさす」ということもあるだろう。問題はルールをキチンと理解もせず、「誤審だ」「ビデオ判定だ」という人間にあるのだ。

ルールの認識不足についてもう少し踏み込んで話してみよう。私は日本に野球が入ってきたときからすでにルールの誤解や誤訳といったものがあり、それが原因でプロから少年野球まで含めた球界全体の理解の浅さにつながっているのではないかと思っている。

せっかくの和訳、再び英語に戻して…

簡単なところから言うと、四球。米国では「フォアボール」とは言わず「base on balls」(ベース・オン・ボールズ)またはカジュアルに「walk」(ウォーク)という。死球は「hit by pitch」(ヒット・バイ・ピッチ)で「デッドボール」とは言わない。

明治期に野球が伝えられるようになり、用語を訳した人たちは大変な苦労があったと思う。これらは正岡子規らによって和訳されたものが多いのだが、それを誰かが英語風に戻したことで日本独特の野球用語になってしまったのだ。

せっかく、試行錯誤の末「ベース・オン・ボールズ」を「四球」と和訳したのに、無理解な人が四球を再び英語風に戻し、フォアボールとしてしまったのだ。また、ヒット・バイ・ピッチを当時の日本の情勢に合わせ「死球」と和訳したのにデッドボールと訳してしまう。これが日本でしか使われない独特の野球用語になってしまうのだ。

言い方の違いくらいならまだしも、勝手な解釈が浸透すると、間違った野球用語が一人歩きしてしまう。例えば現在でも「暴投」の使い方は現役、OB問わず、間違えている人が少なくない。

ゴロを処理した三塁手が一塁に「暴投」した、とプロ野球界の一部の人間が使っているが、これは誤用である。「暴投」は「wild pitch」(ワイルドピッチ)で、投手が打者に対して投じた球にしか使わない。要するに「投球」でしか「暴投」は起こりえない。

間違った用語、アマや少年野球へ伝染

前述の三塁手の一塁への送球は暴投ではなく、正しくは「悪送球」=「throwing error」(スローイングエラー)である。送りバントを処理した投手が二塁に投げ、それがそれた場合の正しい言い方も「悪送球」である。

現役のプレーヤーが間違うのは致し方ない場合もあるが、プロ野球の「解説」者が間違えてしまえば、アマチュアの人達まで間違ってしまう。プロ野球界の誤訳や間違った野球用語の使い方が少年野球へ伝染して、誤解が積み重なっている。

18U(18歳以下)や21Uといった国際試合やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)といった試合が増えたこともあり、日本は国際標準に合わせ、カウントをボール球から表記・表示するようになった。その昔「1-3」(ワンストライク―スリーボール)だったのを「3-1」(スリーボール―ワンストライク)と。

私はいまだに言いづらくて仕方がないのだが、こうした表面的な部分で「国際標準に合わせた」と胸を張っていても、もっと根本的なところでずれていたら国際化など絵に描いた餅になる。

「日本人右打者で最多」はナンセンス

今シーズン、193安打で大ブレークしたヤクルト・山田哲人の記録は「日本人の右打者で最多安打」と各紙が誇張気味に報道した。彼の偉業は称賛したいが、はたしていつからシーズン最多安打は日本人と外国人を別枠とする記録になったのだろう。ならば「日本人の右打者の最多本塁打王」とか「外国人の左投手の最多勝利賞」とか、言い出すのだろうか。

国際化というならこうしたくくりはナンセンスだ。右や左、日本人や外国人と分けることなどもっての外である。そういうことをしっかり踏まえて、野球界の本当の国際化が進むことを願ってやまない。

(野球評論家)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン