/

この記事は会員限定です

狙うは食と健康管理の融合 ドコモ「次世代農業」で先陣

[有料会員限定]
 電機・IT(情報技術)・自動車を主業とするメーカーが、農業への関わりを深めている。狙いは農業自体の付加価値向上や効率改善にとどまらない。ヘルスケアや食品流通といった川下の事業との融合を目指す動きが水面下で進んでいる。先頭に立つのは、相次ぐ企業買収で布石を打つNTTドコモだ。

農業とヘルスケア――。いずれも多くのエレクトロニクス企業が開拓中の成長分野である。この2つを連携させて事業のさらなる拡大を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン