/

この記事は会員限定です

さらば「ウィンドウズ」 マイクロソフト、最後の賭け

[有料会員限定]

パソコン時代の王者だったマイクロソフトはカムバックできるのか。命運を握るキーマンは、3代目の最高経営責任者(CEO)、サティア・ナデラ。今春に就任したナデラの最初の決断は、創業世代がかたくなに守ってきた「ウィンドウズ至上主義」との決別だった。

「ウィンドウズ10」で盛り上がらず

10月1日午前、東京・日本橋の高級ホテル「マンダリンオリエンタル東京」の一室。関係者によると、ナデラはお忍びで富士通社長の山本正已と面会した。

「アマゾン(・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4381文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン