北陸の景況感、新幹線効果で高水準 地域経済500調査

2014/11/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた「地域経済500調査」では、地域ごとの景況感の差が浮き彫りになった。半年前と比べた地元の景況感を示す景気DI(「改善」と答えた割合から「悪化」割合を引いた値)は、全国10地域の全てで前回の4月調査に比べ落ち込んだが、金沢までの新幹線の延伸開業を半年後に控えた北陸が比較的高い。一方、北海道や東北、中国などは低水準にとどまり、特に北海道は悪化割合のほうが多く、DIがマイナスと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]