コスト6割減 損保ジャパン日本興亜の電子化作戦

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2014/11/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

9月1日に発足した損害保険ジャパン日本興亜が、携帯端末を使った業務マニュアルの電子化を進めている。狙いはマニュアル作成コストの低減と職場内訓練(OJT)の効率化を両立させることだ。スマートフォン(スマホ)でマニュアルを簡単に閲覧したり作成したりできるシステムを導入し、社員の自習や内容の理解を促す。合併に伴う業務の混乱を防ぐだけでなく、IT活用で年間のマニュアル作成費用を6割減らせるとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]