/

この記事は会員限定です

わらべ日洋、セブンと伴走27年目の回収期

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパン向けに弁当や総菜を製造するわらべや日洋。2014年3~8月期はおにぎりや「チルド弁当」などの販売が、消費増税や天候不順の逆風をはねのけ好調だった。新工場の人件費が想定より膨らみ連結営業利益は微減となったが、15年2月期通期の純利益は3期連続で過去最高を更新する見通しだ。取引先をセブンイレブンに特化して27年。工場建設などの先行投資は、回収期へと向かいつつある。

今年6月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン