/

この記事は会員限定です

米国から見た「輸出が戻らない日本の特殊性」

編集委員 中山淳史

[有料会員限定]

円安なのになぜ輸出が増えないのか。一定期間をおけば輸出が回復する「Jカーブ効果」は幻想だったのか。そんな議論が盛り上がっているさなか、1人の米国人が先週、来日した。

米コンサルティング会社、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のシニアパートナー、ハロルド・サーキン氏。2011年秋に発表した「メード・イン・アメリカ・アゲイン」という報告書が世界中で話題になった。

中国から米国に戻った企業は約300社

「メード・イン・アメリカ」といえば、19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン