/

この記事は会員限定です

挫折ベンチャーが米国で開いたネット再送信の扉

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]

米アエリオに裁判所の業務差し止め命令が下った。地上波テレビ放送のネット再送信を狙った同社は今、著作権法違反の烙印(らくいん)を押されて消え去ろうとしている。その一方で、アエリオが切り開いた新市場に米地上波大手のCBSが乗り出した。一連の裁判はアエリオを破綻の淵に追いやったが、同時に米放送業界に大きな転機をもたらそうとしている。

2審までは勝訴したものの…

最高裁での敗訴差し戻しから4カ月がたった10月23日、ニューヨーク連邦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2671文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン