/

この記事は会員限定です

設計現場が変わる 仮想現実化が進む建築業界

ジャーナリスト 新 清士

[有料会員限定]
 低価格で高画質のヘッドマウントディスプレー(HMD)が相次ぎ登場し、大きな注目を集めるバーチャル・リアリティー(VR=仮想現実)技術。その筆頭が、米フェイスブックが今年3月に買収した米オキュラスVR(カリフォルニア州)のHMD端末「オキュラスリフト」だ。これまで話題先行ぎみだったが、建築業界で実際に活用する動きが広がりつつある。10月下旬、東京で開かれたオキュラスの開発者向けイベントの様子をルポする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2655文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン