/

この記事は会員限定です

揺らぐウェブの根幹 ついに開いた「パンドラの箱」

ラック 取締役最高技術責任者(CTO) 西本 逸郎

[有料会員限定]

情報セキュリティー関係者の間で今、「2014年は、ついにパンドラの箱が開いてしまった」という話題が持ちきりだ。つい最近まで、サーバーマシンで用いられている基幹中の基幹ソフトで脆弱性が発見されることは少なかった。ところが今年になって、オープンソース暗号化通信ソフト「OpenSSL(オープンエスエスエル)」やコマンド入力ソフト「GNU Bash(グニュ・バッシュ、以下Bash)」などで重大な欠点が相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1834文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン