テスラが疾走する「プリウスの道」、エコカーへの熱狂再び

(1/3ページ)
2014/10/30 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独ダイムラーが21日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズとの資本提携を解消した。EVの先行きについて様子見していた世界の自動車大手も本気で取り組むようになり、リーマン・ショック後の資金繰りの厳しい時期にテスラを支えたダイムラーでさえテスラを「ライバル」と見なし始めた。テスラはまだ年3.5万台を売る小規模メーカーにすぎないが、米でのブランド価値の上昇は飛ぶ鳥を落とす勢いだ。2000年代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]