2018年9月26日(水)

いつ再点火、集団的自衛権論議 解散時期絡み神経戦
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2014/10/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 首相の安倍晋三が集団的自衛権の「限定容認」も含む安全保障法制の整備の火を落としたままだ。今の臨時国会では論戦の脇役。日米防衛協力のための指針(ガイドライン)改定に向けた8日の中間報告でも具体策は先送りした。どこで再点火するのか。2015年春の統一地方選挙や次の衆院解散・総選挙をにらむ戦略的判断にかかってくる。

■日米ガイドラインとの整合性

 「日米安保体制の抑止力を高めるため、ガイドライン見直しを進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報