2019年1月20日(日)

駆ける魂

フォローする

J屈指のボールハンター FC東京・米本拓司(上)

(2/2ページ)
2014/11/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

攻め込んだ味方がボールを失い、逆襲を食らった時の米本の帰陣の速さも尋常ではない。ボールより速く走れるわけはないのにあきらめない。

「大変だからといってさぼったら一気に何かが崩れる気がする。つらいというより、やらなきゃという思いの方が強いというか」

カウンター、自陣に必死に帰るのが自分

「カウンターの相手ボールが、自分が戻っているところに来るかどうかは分からない。でも、走って損はないし、そこで自陣に必死に帰るのが自分。帰らないと自分が試合に出ている意味がない気がする。最後は気持ちの問題ですけど」

千葉時代にオシム監督(元日本代表監督)に走るサッカーをたたき込まれ、今は米本と中盤でコンビを組む羽生がいう。「(得点数とか)数字に表れなくてもチームが勝てるならいい。そういうメンタリティーがヨネにはある」(敬称略)

〔日本経済新聞夕刊10月27日掲載〕

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

駆ける魂をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
現地でチームの練習場所と時間を調べ、シューズとウエアに着替え先回り

 名刺には「海外サッカー道場破り 1勝15敗」と自己紹介している。元海外プロサッカー選手といっても華々しい戦歴があるわけではない。菊池康平(34)がプロとして契約したのはボリビアの州リーグのクラブ。し …続き (2017/6/18)

日本サッカー協会の夢先生として子どもたちに授業をする=JFA提供JFA提供

 2005年春、菊池康平は明大を卒業し、人材派遣会社パソナに入社した。学生時代の夢とは決別し、その情熱を会社員人生へ――。とはならなかった。
 社会人になっても、夏休みや年末の休みには、ブルネイ、ベトナ …続き (2017/6/18)

鳥栖からの移籍1年目、人生2度目の転機といえる充実の日々を送る

 「今年は改めてキーパーというポジションの奥深さを感じている」。J1のFC東京でゴールを守る林彰洋(30)は楽しげに語る。鳥栖から移籍して1年目の今季、既にチームになくてはならない存在になっている。
  …続き (2017/6/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]