勝利のメンタリティー(山本昌邦)

フォローする

サッカー代表監督、日本人がなるための必要条件

(1/4ページ)
2014/10/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

日本のサッカー界に立派なコーチ養成制度があるのをご存じだろうか。ドイツなどを参考に、アジアでいち早く指導者養成のシステムを確立させたこと。それが今日の日本サッカーの興隆につながったことは間違いのないところだろう。

今季途中、コーチから昇格したJ1大宮の渋谷監督。Jリーグのトップチームの監督になるにはS級ライセンスの取得が必要=共同

今季途中、コーチから昇格したJ1大宮の渋谷監督。Jリーグのトップチームの監督になるにはS級ライセンスの取得が必要=共同

コーチは6階層のピラミッド社会

昨日まで現役選手だった者が、今日からでも監督になれるのがプロ野球だとしたら、サッカーには日本サッカー協会公認の指導者免許制度があり、おいそれとはプロのチームを率いることはできない。その制度の最上位に位置するのが「S級ライセンス」と呼ばれるもの。これを取得して初めてJリーグのトップチームや日本代表を率いることができる。

コーチの世界はピラミッド社会だ。日本の場合はS級を頂点にA級、B級、C級、D級、キッズリーダーという層がある。A級を持つとJリーグの2軍チームや日本フットボールリーグ(JFL)、なでしこリーグの監督、Jリーグのトップチームのアシスタントコーチなどを務めることができる。

B級はユース年代(高校生)以下の監督、コーチをするのに必要で、C級以下のライセンスは主にジュニア(小学生)の指導を対象にしたものである。

S級400人、プロリーグ設立の成果

S級という概念、ライセンスが生まれたのは1993年のJリーグ発足がきっかけだった。本邦初のプロサッカーリーグをスタートさせるにあたり、監督が従来どおり、企業の社員などであったら周りにしめしがつかない。プロの選手を率いるのはプロの監督であるべきだし、あまたのコーチの中でも特別な存在でなければならない。そういう考えのもとに、実技や座学を通じてしっかりとしたコーチング理論を身につけ、実戦経験を積んだ者に対してS級ライセンスを付与してきた。

現役時代にどんな大選手であっても、トップチームの指導者を志すのであれば、座学と実践を繰り返しながら下のカテゴリーから順次ステップアップしてS級までたどり着かなければならないのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

勝利のメンタリティー(山本昌邦) 一覧

フォローする
リーグ最年少ゴールを記録したバイエルン戦で攻め込むレバークーゼンのビルツ(右)=APAP

 ドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガ1部でバイエルン・ミュンヘンが6月16日、8連覇の偉業を成し遂げた。5月16日のリーグ再開から7連勝で優勝のテープを切ったバイエルン。新型コロナウイルスの脅 …続き (6/21)

J1で最初に全体練習を再開した鳥栖では、金明輝監督がマスク姿で見守った=共同
共同

 世界を疲弊させている新型コロナという未知のウイルスは、1918~20年にかけて猛威をふるったスペイン風邪以来の脅威だとよくいわれる。100年に一度の大きな時代の変わり目に、スポーツ界もやがて来る「ウ …続き (5/24)

どんなに苦しくても、プレーで感動してもらえる日が必ずやってくるというイメージをしっかり持っておくことが選手にとって大切だ=共同共同

 新型コロナウイルスの感染拡大によって4月7日に緊急事態宣言が東京、大阪など7都府県に出された。新型コロナという「見えない敵」との戦いは「いつまで」という先もはっきりと見通せず、神経戦の様相を呈してい …続き (4/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]