2018年11月13日(火)

(1/4ページ)
2014/10/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

戦後初となる純国産戦闘機の開発構想が大きく前進する。機体からエンジンまでオールジャパンで手掛ける「先進技術実証機」(通称心神)が来年1月、初飛行する。防衛関係者の長年の悲願でありながら、なかなか日の目を見なかった純国産戦闘機構想は、なぜ今になって動き出したのか……。

■「臥薪嘗胆」のエンジン開発

愛知県内に3工場を抱える三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所。戦前はゼロ戦や一〇式艦戦など航空機1万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

純国産戦闘機を開発、政府検討[映像あり][有料会員限定]

2014/8/21 2:01

独自技術向上に弾み 財政面でハードル[有料会員限定]

2014/8/21 2:01

三菱電機、戦闘機用レーダー輸出へ[有料会員限定]

2014/7/13 23:42

中ロ、最新鋭戦闘機の売買めぐり「情報熱戦」[有料会員限定]

2014/6/6 7:00

中国が日本に仕掛ける軍拡競争 戦力逆転の分水嶺[有料会員限定]

2014/6/30 7:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報