2019年9月20日(金)

拡張現実/仮想現実の米新興企業が5億ドル超調達

2014/10/23付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

視覚コンピューティング分野の新興会社である米Magic Leapは現地時間2014年10月21日、シリーズB投資ラウンドを完了し、5億4200万ドルを調達したと発表した。米Google(グーグル)を中心に、米Qualcomm(クアルコム)の投資事業Qualcomm Ventures、米Kleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)、米Andreessen Horowitzなどが出資した。

Magic Leapは、Rony Abovitz社長兼最高経営責任者(CEO)が2011年にフロリダ州で立ち上げた。同社サイトによると、Magic Leapはモバイルコンピューティング、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)に対する現在の認識をさらに超えた、革新的なコミュニケーションや学習、購買、共有手段の実現を目指しているという。

同社が開発した「Dynamic Digitized Lightfield Signal(Digital Lightfield)」と呼ぶ技術をベースに、ソフトウエアやハードウエアを組み合わせ、現実と隔たりなく自然な形で活用できるAR/VRソリューションを開発するとしている。

同社はまた、GoogleのAndroid(アンドロイド)、Chrome(クローム)およびアプリケーション部門担当上級バイスプレジデントのSundar Pichai氏が取締役に就任することも明らかにした。さらにQualcommのPaul Jacobs会長とGoogleのDon Harrisonコーポレートデベロップメント部門担当バイスプレジデントが、オブザーバーとして取締役会に参加する。

米ウォール・ストリート・ジャーナルや英Financial Timesなど海外メディアの報道によると、Magic Leapの企業価値は約20億ドルと見積もられる。しかし同社は現時点でまったく収益を生み出していない。Abovitz氏は、手術支援ロボット開発の米Mako Surgicalの共同設立者で元最高技術責任者(CTO)だった。Mako Surgicalは2013年に16億5000万ドルで米Strykerに買収されている。

[ITpro 2014年10月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。