ちぐはぐな中国ソフトパワー 平和賞候補にアサド氏
中国総局 島田学

2014/10/16 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が米国に追いつこうと必死になっているのは軍事力だけではない。衰えたとはいえ今なお世界を引き付ける米国の「魅力」に対抗するため、習近平国家主席は「中国的ソフトパワー」を強めるよう指示している。「戦わずに勝つことが善の中の善」と説いた孫子の兵法にならい、文化や価値観の魅力で相手をなびかせる力を得るのが狙いだが、強権的な中国共産党への不信感を払拭できない中での取り組みは、ちぐはぐさも目立つ。

■「伝

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]