/

この記事は会員限定です

米政府の逆鱗に触れたiPhone6の暗号化

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]

米連邦捜査局(FBI)が米アップルの新型スマートフォン「iPhone6/6プラス」を批判する会見を開いた。米国公安機関が特定の製品やサービスについて警戒感をあらわにしたのは異例だが、その背景にあるのは政府による情報監視の強化と、それに警戒感を強める米IT(情報技術)企業との激しい対立だ。

iPhone6なら安全?

FBIのジェームス・コミー長官は9月26日の記者会見で「法の及ばないところへ人々を連れだそうとする販売行為に懸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2514文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン