地域創生のカギ握る ネットでつながる「風の人」
ブロガー 藤代裕之

(1/3ページ)
2014/10/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

「地方創生」が動き始めた。安倍晋三首相は所信表明演説で、島根県海士町などの事例を挙げ、「やれば、できる」と力を込めた。一方で、何度目かの地域活性化バブルによる、ばらまきを警戒する声も上がる。人口減少というかつてない状況に対応するためには、新たな取り組みが必要だ。そのヒントを探るため、夏に全国で取材を重ねた。そこで見えてきたのがソーシャルメディアでつながった「風の人」だ。

■見えないコトに価値がある

臨時国会で所信表明演説する安倍首相(29日午後)=共同

臨時国会で所信表明演説する安倍首相(29日午後)=共同

「何もない町でしょう」。ある地方都市でタクシーに乗ったら運転手にこう話しかけられた。その地域にある鉄道好きに知られる電車の話をすると、「ボロくてどうしようもない。あんなのは地元じゃ誰も乗りませんよ」と悪口を言い始めた。運転手は「昔は高校もたくさんあって、裁判所もあって……」と続けた。駅前に延びるシンボルロードはきれいに歩道が整備されているが、シャッターが閉まった店舗と空き地になった駐車場が目立つ。

安倍首相が紹介した海士町のキャッチフレーズは「ないものはない」だ。「さざえカレー」「隠岐牛」といった農水産物のブランド化、高校への島外からの留学などを推進し、人が集まる町となっている。さざえも、高校も、海士だけにあるわけではない。「ないものはない」は、ゼロから地域を見つめなおして、あるものを再発見し、創り上げていく姿勢といってよいだろう。だが、地域に眠る価値に気づくのは難しい。

筆者の出身地である徳島県にも、上勝町と神山町という注目を集める町がある。上勝は葉っぱビジネスを興した町として知られる。おばあちゃんたちが、葉っぱや花などを料理のつまものとして出荷する。神山にはIT企業がサテライトオフィスを構え、芸術家が集う。徳島新聞で記者をしていた時代、この2つのユニークな町で起きているコトを「見逃した」という悔しい思いがある。

上勝町は平成の大合併に加わらず、四国で一番小さな町となることを選んだ。将来を熱心に考える自治体という印象だったが、合併を進めたい当時の県からすれば煙たい存在だった。職員が町民と勉強会を重ね、その講師として呼ばれたこともあるが、葉っぱビジネスがこれほど全国から注目されることになるとは思いもしなかった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]