2019年1月23日(水)

強敵出現? 卓球ロボット、お手並み拝見

(1/3ページ)
2014/10/7 7:00
保存
共有
印刷
その他

 ロボットが人と卓球ラリーをしたり、統率がとれたダンスを披露したりする――。オムロンや村田製作所がユニークなロボットを開発している。それを可能にしたのは、センサーによる計測技術とそれを使ってロボットを制御する技術だ。ロボットが我々の生活に溶け込む近未来の実現に向け、エレクトロニクス業界が一役買いそうだ。

「こんにちは。ラリーを始めましょう」――。卓球台に近づくと、反対側で台をまたぐようにそびえる高さ2.7メートルのロボットが話しかけてきた。7日開幕する家電・IT(情報技術)の国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン」でオムロンが一般公開する「ラリー継続卓球ロボット」を会場で体験取材した。

■打ちやすいところに返球

ラケットを構えてサーブを打ち込むと、3本のアームで操られたラケットが素早く動き、ボールを捉える。こちらが速い球を返すとさすがにボールを追い切れないこともあるが、ラケットに当たればだいたいコート内に返ってくる。しかも、こちらが打ちやすいようなコースに返してくる。こちらも自然とラリーを続けようという意識になり、相手が機械であることを一瞬忘れる。

動作部には食品などを拾い上げる「パラレルリンクロボット」と呼ばれる一般的な産業ロボットを使っている。

卓球ロボットの使命は「人とラリーを続けること」。相手の打ちやすい軌道を瞬時に判断し、返球する。「これからは人と機械が協調する技術が主流になる」と技術・知財本部技術開発センタの川上真司氏は話す。

モニターの下に仕込まれたセンサーが相手の動きを捉える。卓球台のどこにいて、ラケットをどう構えているか。さらに、モニターの左右にある別のセンサーが球の軌道を毎秒約80コマの頻度で3次元で捉える。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報