/

この記事は会員限定です

セブン&アイも本気 相次ぐ環境配慮型の流通ブランド

[有料会員限定]
 環境に配慮した原料や包装材などを用いたプライベートブランド(PB)商品の発売が相次いでいる。独自性を打ち出したい大手小売りが、「環境」で差異化を狙っているためだ。

「業界初」「日本初」「アジア初」をうたったPB商品を、大手小売りが相次いで発売している。アピールしているのは、環境負荷の低い原料や包装材を使うといった環境配慮への取り組みだ。これまでより一歩踏み込んだ「環境配慮型PB商品」で、差異化を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン