/

この記事は会員限定です

「ネット」級の発明 日本に生まれるか

編集委員 中山淳史

[有料会員限定]

「米欧には絶対負けられません」。取材の最中に何度かそう語気を強めたのは山川義徳さん、39歳。NTTデータ経営研究所(東京・千代田)などで脳科学研究に携わった、この分野の第一人者だ。

山川さんは10月から「脳情報の可視化と制御による活力あふれる生活の実現」のテーマで国のプロジェクトに携わることになった。プロジェクトの名前は革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)という。

ImPACTは内閣府が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン