2019年9月17日(火)

財テク時代の光と影 北茂氏
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/2ページ)
2014/10/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄鋼商社阪和興業の株価が平成2年(1990年)3月の最高値、4460円から一気に下げ足を速め、平成5年(1993年)には387円にまで下落する。社長の北茂は責任を取って辞任、おいの北修爾に後事を託す。通産官僚から商社トップに立つ修爾は当時のことを書いている。

「叔父の北茂は財テクで時代の寵児としてもてはやされ、その方面では有名でした。バブルが崩壊し、財テクも手仕舞いに向かっていましたが、内外でも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。