2019年2月17日(日)

TDKがネオジム含有量を半減した高性能磁石開発

2014/10/4付
保存
共有
印刷
その他

日経エレクトロニクス

TDKは希土類であるネオジム(Nd)の含有量を半減させた高性能磁石を開発し、「CEATEC JAPAN 2014」(幕張メッセ、2014年10月7日~11日)で展示する。

開発した磁石の最大エネルギー積は40MGOe、キューリー点(磁力を失う温度)は300℃。ネオジム焼結磁石ではそれぞれ35~55MGOe、300℃であるため、ほぼ同等の性能を持つ。しかも、同じ希土類のジスプロシウム(Dy)を含有しない「Dyフリー」である。

左は磁力を比較したところ。左が新型磁石で、右がフェライト磁石。右は新型磁石の構造

左は磁力を比較したところ。左が新型磁石で、右がフェライト磁石。右は新型磁石の構造

組成は非公表。ただし、「ネオジム焼結磁石の延長線上にある磁石」(TDK)という。ネオジム焼結磁石は「Nd2Fe14B」という組成を持つ。このNdを別の金属で代替し、粒界構造などを工夫することでNdを半減させたとする。

代替したのは「テルビウム(Tb)やDyではなく、資源枯渇や入手が困難になるリスクが少ない元素」(TDK)とした。製造については既存のネオジム焼結磁石とほぼ同じ工程で作れるという。

現時点では量産の計画はない。Ndの価格が落ち着いており、Ndを半減させても価格を大きく下げることが難しいためとみられる。「資源調達リスクを減らすため、現在幾つかのアプローチで希土類を含まない磁石を研究している。今回、DyフリーでNdを半減できるという一定の成果が出たため、展示することにした」(TDK)という。

(日経エレクトロニクス 中道理)

[日経テクノロジーオンライン 2014年10月3日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報